ホームページはどのようにして作られているか?

WEBページは言語で作られている

ページごとにファイルを作成し、その中にご自身が考えたコンテンツ(内容)を記述し、ブラウザがファイルを読み込む事でWEBページが表示されます。
しかし、ただ考えたコンテンツのみを記述しても、うまく表示はされません。なぜなら、人間には理解できてもコンピューターには内容が理解できないからです。
そこで、HTMLやCSSと言われる言語を記述しコンピューターに内容を把握してもらい、ご自身の構成通りのWEBページを表示してもらうようにします。
みなさんが普段見ているWEBページは「言語」で作られています。そして、そのほとんどがHTML・CSSをベースに作られているのです。
ホームページをご自身で制作するためには、HTMLとCSSの知識は必須だと言えるでしょう。

HTML・CSSとは?

HTMLとは、Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略です。
HTMLはマークアップ言語と呼ばれるタグを記述することで、コンピューター側にWEBページの各要素を理解してもらうためのものだと考えてください。
例えば、タイトルを表示したい時、タイトル名を専用のHTMLタグで囲ってあげる事で、コンピューターはHTMLタグに囲まれた部分をタイトルだと理解し表示してくれます。
CSSとは、Cascading Style Sheets(カスケーディング スタイルシート)の略です。
CSSでは、HTMLタグで囲んだ各要素にスタイルを指定していきます。つまり、色や大きさなどユーザーの視認性などを向上させるデザインを決めるための言語だと考えてください。
HTMLでページの枠組みを決め、CSSでデザインをしていくことがWEBページ作成の基本なのです。

会社やショップのHPは第一印象がやっぱり大事です。HP制作は専門の業者に発注しましょう。イメージ、アウトラインをざっくり伝えるだけでも、それに沿ったものを仕上げてもらうことができます。

© Copyright Merit And Precautions. All Rights Reserved.